スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2 現代パラ  幼な妻

現代パラ【幼妻仮夫婦】19  さくらぱんcolor

彼に引き寄せられて……胸の中
黎翔さんのオーデコロンの香りを強く感じる。

二人分の重さで、軋むソファーに
夕鈴は、激しい動揺を覚えた。

耳元で黎翔さんの囁き声と熱い吐息。
いつに無く近すぎる、この距離は、夕鈴を焦らせた。

「離してください…「離さない!」」

「こんなに、可愛らしいお嫁さんが目の前に居るのに……
離すわけないよ。」

「だって、私たち…「偽者の関係?そんなもの……」」

ギュッと抱きしめられて、息が苦しくなる。
くらくらと廻る視界に、黎翔さんの甘く低い囁き。

さっき……口付けられて
手当てしたばかりの指先がとても熱くなった。

頬が火照る
耳朶までもが、熱い。

ダメよ。
……夕鈴!
流されちゃダメ!!!
黎翔さんは、からかっているだけよ!!

ズキン。
胸が鋭く痛む。
理性が、呟く。

「ねえ、夕鈴。
……どうして欲しい?」

危険な香りに、頭に霞がかかる。

でも……
もしかしたらが、頭をよぎる。

“愛してる”

なんて……黎翔さんは、一言も言ってないのに。
勘違いしそうになる。

なんて……ズルイ人。

夕鈴の視界が、じわりと滲んだ。

「どうしてほしいって……決まっているわ。
離して……ぜんぶ偽ものだもの……」

「偽者か……
強気な君も、魅力的だが・・・
大人な私は
今すぐ、君との関係を本物にすることにも出来る。


どうしようか……夕鈴。」


「ひゃあんっ!!」

唐突に
ぺろり…と,、耳朶を黎翔さんに舐められて・・・
夕鈴は、変な声が出た。

「可愛らしい声だな。
このまま…いっそ、本物にしてしまおうか?」

「かっ……からかわないでください!!」

真っ赤になって、抵抗する夕鈴を、黎翔さんは、クスクスと笑って
ソファーに押し倒した。

「そんな姿の君が悪い。
君が言うところの、悪い大人なら……」

「これが、普通の反応だろ?」

んっ!んぅ。。

イヤ!
黎翔さんっ、やめてっっ!!!


こんなのヤダッ



・・・ずきん。





胸が痛い。








・・・ずきん。





愛してるの?





…ずきん。




ズルイよ。




黎翔さん







・・・・長い長いKISSに、夕鈴が流されそうになった時。



突然、静かな部屋に
けたたましい電話のコール音が鳴り響いた。



……続く
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momo苺

Author:momo苺
こちらは白陽国SNS地区のコミュニティ・ログ倉庫です。

momo苺は、このログ倉庫の架空番人です。
コミュの某所にて、メンバーと呟いています。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


目次
表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 現代パラ【幼妻仮夫婦】19  さくらぱんcolor
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2014年09月03日 (水)
  • 14時36分46秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
848位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
356位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
現在の閲覧者数:
marble-color
こちらは、リンクフリーです。
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。