スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1 本誌沿い 春・夏・秋・冬

二巡目【春】  おりざcolor

君はどこへいったのだろう?

後宮の一室、君の笑顔に迎えられるとばかりおもっていたのに。
部屋の主は不在で、私は少なからずガッカリしてしまう。

明るいテラスへ目を向ければ
庭は陽光に輝き、春の風がかぐわしい花の香りを運んできた。

開け放たれた扉がカタ、カタと小さく震える様をみるにつけ

『――君ならきっと。このうららかな陽気に誘われて
庭へと歩を踏み出したのだろう』と想像され、私はクスリと笑ってしまった。

案の定。

舞い散る薄紅色の花びらと戯れる
私の愛しい妃の姿。

私はそっと後ろから近づき
花の精を腕の中に閉じ込めた。

「…もうっ!」

恥じらいながら、小さくもがく

君の精一杯の抵抗すら、甘美。

「夕鈴、可愛い――」

抱きしめた君の髪が風で舞って、くすぐったい

「ちょっと、ここは寒いね…」

それは、抱きしめる口実なんだけど
君は素直におとなしくなる。


ああ、春の香りがするな

何もかもが、暖かいね。


春の陽光のような君と――このままずっと。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momo苺

Author:momo苺
こちらは白陽国SNS地区のコミュニティ・ログ倉庫です。

momo苺は、このログ倉庫の架空番人です。
コミュの某所にて、メンバーと呟いています。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


目次
表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 二巡目【春】  おりざcolor
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2014年09月11日 (木)
  • 13時32分05秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
1194位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
464位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
現在の閲覧者数:
marble-color
こちらは、リンクフリーです。
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。