スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1 本誌沿い 狼陛下の花嫁 誘拐事件

IF【臨時花嫁】28 さくらぱんcolor

どんどん、この場の緊張感が増していく。
几鍔は、冷たい汗が、背中に伝うのが分かった。

「そこをどけ!
私の邪魔をするな!」

陽炎がユラメク……

……面倒だな。
(コイツ……いつも、こうなのか?)
普段の余裕ぶったへらへらした感じではなく、明らかに余裕の無い様子の李翔に、几鍔はたじろいだ。


「――――っ!」

夕鈴が、居なくなった途端に、不機嫌さを隠そうともせず……
彼女をまだ追うとする李翔の行く先を几鍔は、塞いだ。

“そこをどけ”と、
冷たい獣じみた笑いを刻む李翔に、几鍔は自分の勘が正しいことを知る。

“コイツは、胡散臭さ過ぎる”

まだ日が沈むには高く、夜になってなどいないのに……
急速に周囲が凍りつくように、肌寒くなっていった。

すべては、李翔のせいだった。

……ヤバいな。

下手な質問は、こちらが抜刀されそうな雰囲気だった。
王宮掃除婦の上司?とはいえ、帯刀しているからには、それなりに剣の心得はあるのだろう。

しかし、この殺気。
本当に、ただの管理職なのか?

俺たちに、正体を偽っている?
――――何のために?
夕鈴が、妃の身代わりの仕事と何か関係あるのか?

浮かぶ疑問は、目の前の剣呑さに霧散していく。
知りたいことは、山ほどある。
だが、この男は、素直に応えるだろうか?


とても短い時間なのに、なんだか凄く長い時間睨み合っていたような……
几鍔には、分らないことが多すぎた。

王宮での謀など、知りたくも無いし、知らなくても良かった。
だが、それが身内が絡むことなら、また話は別だった。
何も知らず、踊らされている自分に腹が立っていた。
知らなくてはならない何か。
まだ糸口さえ見つからないこの事件の謎。

それは、なぜか目の前のこの男が握っているような気がした。

……ここは、単刀直入に聞いてみるか。
几鍔は、李翔に対し腹をくくった。






*****




「李翔さんでしたよね。
アイツ(夕鈴)に何をさせてんですか?」

「――――何を知っている?」

「夕鈴から、聞きました。
王宮に居る本物のお妃の身替わりだって……
そんなヤバい仕事なら、下町に返してくれませんか?」

「一応、アイツは俺のシマのガキなんです。
アイツには、大事な家族が居る。」

「アイツには、弟や父親。
家族が居るんです。」

「よく知っているよ。
彼女が大事にしているものを。

――夕鈴が辞めたいとそう言ったのか?」

「いいえ。
アイツは、俺の話なんて聞いちゃいねえ……
辞めるどころか、王宮に戻りたいとさえ言いやがった」

「それどころか変な正義感で、
俺の邪魔をするし……」


……続く
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momo苺

Author:momo苺
こちらは白陽国SNS地区のコミュニティ・ログ倉庫です。

momo苺は、このログ倉庫の架空番人です。
コミュの某所にて、メンバーと呟いています。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


目次
表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • IF【臨時花嫁】28 さくらぱんcolor
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2015年06月15日 (月)
  • 16時02分36秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
848位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
356位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
現在の閲覧者数:
marble-color
こちらは、リンクフリーです。
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。