スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2 現代パラ  幼な妻

現代パラ【幼妻仮夫婦】10 さくらぱんカラー

スーパーから移動したGPSが、ある地点でピタリと止まる。
ノロノロと揺らぐ点滅。

「……アレ?」

ここは、店なのか?
場所に心当たりのない黎翔は、隣で覗き見していた浩大に聞いた。

「あーーーーー・・・・俺、パス」

「自分で直接行って、確かめてきて・・・」

「……?」

そう言われると気になってくる。
黎翔は、GPSを頼りに車を走らせた。


*****


いらっしゃいませ~♪

「なっ・・・////ちょっとこの店。、明玉ぅ!!!」

「ダメよ、夕鈴。
せっかく名案が浮かんだんだから、実践しないと。」

「黎翔さんへの対策なんでしょ?
この明玉姐さんに任せなさい!!」

「あの人、ああ見えて夕鈴には、ヘタレよ(女の勘)
愛しの妻が可愛くて仕方ないのに、手がだせない。」

そうかしら・・・?
キスしてくるじゃない。

「だーーかーーらぁーー」

「すいませーーん、店員さん。
この子、大人っぽく全身コーディネイトしてくださいーー。」

はーーい、このお嬢さんですね。

では、サイズを測りますから、こちら(試着室)においでください。

測りやすいように、上を脱いでくださいね。

Cの65ですね。細いですね。

お色は、いかがいたしましょう。

「可愛い小悪魔風お嫁さんに・・・・やっぱり白かしら?」

「明玉ぅ~・・・・困るし、恥ずかしいよ。」

「ブラとセットで、テディもいるかしら?
いつものパジャマはダメよ」


「なんで?」

「色気が無いわ。
そんなんだから、黎翔さんにからかわれるのよ。」

「そうなの?」

「黎翔さんが、手を出せないぐらい
女っぽくなるの。
(逆に狼になるかもしれないけど、それはそれでいいわ。)」

夕鈴は、自分が身につけた下着の金額を見て青ざめた。

「明玉・・・私、こんなお金もってない。」

「大丈夫、心配いらないわ。」

「こんなこともあろうかと、黎翔さんから、もぎ取っておいたの」

明玉が夕鈴にかざして見せたのは、キラリと光り輝くブラックカードだった。ၧ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momo苺

Author:momo苺
こちらは白陽国SNS地区のコミュニティ・ログ倉庫です。

momo苺は、このログ倉庫の架空番人です。
コミュの某所にて、メンバーと呟いています。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


目次
表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 現代パラ【幼妻仮夫婦】10 さくらぱんカラー
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2014年03月26日 (水)
  • 19時06分10秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
966位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
409位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
現在の閲覧者数:
marble-color
こちらは、リンクフリーです。
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。