スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2 現代パラ  幼な妻

現代パラ【幼妻仮夫婦】11 さきcolor

「――ちっ…ここで渋滞に捕まるとは…―――障害はつきもの、か…」

車の中で携帯を片手に呟く黎翔。
ここに浩大が居たら、心の中で『え?恋の障害?渋滞程度で言ってたら、障害だらけじゃん!あはははっ!』と盛大に笑いを堪えるシーンだが、残念ながら車内には黎翔しかいなかった。
あれからすぐに車でGPSが止まっている地点に向かったが、途中で渋滞に捕まってしまった。
そうこうしているうちにGPSの点は動き出し、夕鈴の親友の家に向かっていた。
結局、止まっていた地点は何だったのか分からずじまい。
―――まあ、後で聞けば良い話か…
にやりと笑い、黎翔はわき道に逸れた。

*************

「―――ちょっと明玉…こんな格好させて、どうするつもりよ。お泊りには関係ないじゃない」

むしろ、御泊りのくせに荷物を増やしてどうするのかと、夕鈴は明玉を責める。
しかし当の明玉はどこ吹く風で、まあまあと夕鈴を宥めた。

「だってあんたほとんどお洒落しないじゃない?―――こう云う機会でもないと、ゆっくり買い物も出来やしないじゃない」
「それはそうだけど…何も今日じゃなくったって…」

あの時明玉に買わされた(と言っても過言ではない)服は、下着類、ネグリジェ、お洒落着からちょっとした良い服まで…ありとあらゆる場面に即したものばかり。
こんなに買って、いつ使うと言うのだろうか…というか、下着やネグリジェは、明らかに急ぐものでもない。いや、他のものもだけど。
しかも…この親友が出したものは、黎翔さんのブラックカード。
あの人がそう簡単に人に盗られるかしら。
―――有り得ない。
そう、有り得ないということは……これは、黎翔さんも知ってのこと?
そんなに普段の私の恰好に、不満があったということ?
隣に立つのも…これまでの服装じゃ駄目だと言う、無言の圧力なのかしら。
普段の服装に、自信があるわけじゃないけれど…それなら、直接言ってもらった方がマシだ。

―――やっぱりあの人は、私なんかとじゃ釣り合わないんだわ…





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momo苺

Author:momo苺
こちらは白陽国SNS地区のコミュニティ・ログ倉庫です。

momo苺は、このログ倉庫の架空番人です。
コミュの某所にて、メンバーと呟いています。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


目次
表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 現代パラ【幼妻仮夫婦】11 さきcolor
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2014年03月31日 (月)
  • 15時48分49秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
1447位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
638位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
現在の閲覧者数:
marble-color
こちらは、リンクフリーです。
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。