スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1  電球陛下 

【短編】電球陛下 ☆陛下の光・窓の雪1♪☆

さくらぱん日記SNS41000hit twomoonさんキリリク


☆陛下の光・窓の雪♪☆


「本当にスミマセン。
李翔さんにこんなこと、頼むだなんて…」

「姉さんも、ホント無茶なんだから…」

「いや…、いいんだよ。夕鈴のお願いだからね。
それに、他ならぬ、(義理の弟の)青慎くんの為だし、気にしないでくれ。」

「はい……、ありがとうございます。
とても、助かります。」

「青慎くん、明るさはこれくらいでいいかな?」

「はい、大丈夫です。それにしても、不思議な光ですね。
真昼のようです。

書物も読みやすいし、字も容易く書けます。
国試が近いので、とても勉強が、はかどります。

李翔さん、来てくれてありがとうございます。」

「いや、夕鈴と青慎くんの役に立てればこんなに嬉しいことは無いよ。」

「でも、勉強に付き合わせてしまって申し訳なくて…
それにしても、李翔さんは、王宮にお勤めだけあって…教えるのお上手ですね。」

「そうかな…そろそろ、夕鈴が来るよ。ここまで、終わらせようか。」

「…はい!」

夕鈴によく似た素直なはしばみ色にまっすぐに見つめられては、悪い気はしない。

夕鈴に「灯りになってくださいっ!」とお願いされた時は、面食らったが、事情を聞くにつれ、此度の増税が下町にどのような影響を及ぼしたのか申し訳なくも思った。


まさか、灯りとりの油まで節約するとは…

「(無駄に)明るいのですから、少しでも我が家に協力してください!」

「3日間…」
「3日間、国試が始まる数日だけ灯りになってくれましたら、10日陛下の好きな夕餉を作ります!」

「それと、3日間。
お礼として、夜食をつけます!」

夕鈴の手作り料理…
勿論、断る選択肢はなかった。
2つ返事で引き受けた。

それに…
可愛い…
姉弟だから似てるのは、当たり前だが…
私を恐れない真っ直ぐな瞳に見つめられると、協力したくなる。
早く私の下で働いて欲しいな…

勉強をつい教えてしまった。

ほわほわと、眩しさを抑えて光ることも忘れない。

“私は李翔。”

青慎くんを偽るのは、胸が痛いが…

この距離が心地良かった。

…続く。


ちなみに、うちの陛下は、自家発電です。

消費税増税で、節約に陛下が一肌脱いでます。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momo苺

Author:momo苺
こちらは白陽国SNS地区のコミュニティ・ログ倉庫です。

momo苺は、このログ倉庫の架空番人です。
コミュの某所にて、メンバーと呟いています。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


目次
表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 【短編】電球陛下 ☆陛下の光・窓の雪1♪☆
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2014年03月28日 (金)
  • 16時17分43秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
848位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
356位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
現在の閲覧者数:
marble-color
こちらは、リンクフリーです。
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。