スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1 本誌沿い 短編

【短編】眠り兎

沙希がSNSに入国して初めて書いたsssです。
敢えて一切の修正は加えず公開させていただきます。
あ、でも当時タイトルがなかったので、それだけつけさせていただきました。

ほとんど小犬陛下の独り言です。

【二次SS 】 【陛下→夕鈴 】【糖度?】 【バイト妃】

sss 眠り兎

では、どうぞ。


政務になんとか都合をつけて、数日ぶりに妃の部屋へ行くとと、夕鈴はすでに眠りの世界へ落ちていた。
せめてもう少し、夕鈴を感じたくて、僕は寝台の隅に腰を掛ける。
君の穏やかな寝息に誘われて、思わず額へと手が伸びた。柔らかくて細い髪が、僕の手を掠める。もう少し、この髪を撫でて、額を撫でて、この幸せに浸っていたい。
そんなことを思っていると、ふと夕鈴の眉がよって少し不愉快そうな顔つきになった。

なんだよ、夕鈴。寝ている君は僕が嫌いなのか。

現実の夕鈴も実は僕がきらいなんじゃないかと勘ぐってしまう。
そんなことを考えると無意識に手に力がはいってしまって。夕鈴が痛いかもしれないと慌てたら、彼女の表情がふと和らいだ。
なんともいえない。起きていたら間違いなく口付けたくなって抱きしめてしまう、そんな嬉しそうな顔。
夕鈴の微笑をたたえた口元が少し、開いた。

「へい…か……」

確かに君は笑っている。
どんな夢を見ているんだろう。

ねえ、夕鈴。

僕はね、陛下になんか、実はあんまりなりたくなかったんだ。
そりゃあ、僕がならなくちゃいけないって思った瞬間はいっぱいあった。
でも、王様って堅苦しいし、自由にならないし、お仕事ばっかりになるのもわかってた。
国が弱体化して、どうしようもなくなっていくのがわかったから、それが嫌で仕方なくなったんだ。

でも、王様になったから君に会えた。
王様だから、夕鈴をお嫁さんにっていう気持ちをなかなか外には出せないけど。

王様になって一番の幸せ。


関連記事
スポンサーサイト

沙希さん
初記事おめでとうございます

思い入れの高い作品の第1号

ほのぼのご馳走様でした!

Re: Re: タイトルなし

> ありがとうございます!
> 初の2次創作。
> とっても懐かしい…といっても3か月前くらいですが笑
> また古いの移動してみまーす♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momo苺

Author:momo苺
こちらは白陽国SNS地区のコミュニティ・ログ倉庫です。

momo苺は、このログ倉庫の架空番人です。
コミュの某所にて、メンバーと呟いています。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


目次
表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 【短編】眠り兎
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2014年03月29日 (土)
  • 13時16分40秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
621位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
294位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
現在の閲覧者数:
marble-color
こちらは、リンクフリーです。
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。